【景観用種子】ヘアリーベッチまめっこ【1kg】マメ科|窒素固定|敷藁|刈り取り不要|カネコ種苗製 [TKK-RHHB001k]

【景観用種子】ヘアリーベッチまめっこ【1kg】マメ科|窒素固定|敷藁|刈り取り不要|カネコ種苗製 [TKK-RHHB001k]

販売価格: 1,200円(税別)

(税込価格: 1,320円)

重み(送料換算重量): 1kg

数量:
■特徴

・レンゲと同様に窒素固定を行い生育はレンゲよりも旺盛。
・つる性で1〜2mほどに伸びるが、匍匐するので草高は50cm位。
・旺盛な生育とアレロパシー効果により雑草を強力に抑制します。
・冬〜春期は緑のジュウタンで、季節風による土ぼこり防止に役立ちます。
・開花時は紫色の景観で良好。
・開花後は自然に枯れ敷きわら状態になり雑草の発生を抑えます。
・地下部の根群の作用で団粒構造の土壌になります。
・4〜5月の養蜂蜜源に適します。

■用途

・緑肥
・硬盤破砕
・敷藁
・防風、景観
・遊休農地の雑草対策
・果樹園の草生栽培に最適
・リビングマルチ利用→自然に枯れ始める6月下旬〜7月上旬に、スイカ、マクワウリ・カボチャ・キュウリなどを定植しておきますと、8月下旬〜9月中旬に収穫期となります。

■播種量と播種適期

播種量:3〜4kg/10a(早期播種に努める、寒地ほど早まき)
暖地:9月〜11月
中間地:9月〜11月
寒地:9月〜10月
北海道:4月下旬〜8月上旬

※春播きも可能ですが、その場合は充分な被覆効果を得るため、播種量は4〜5kg/10aとします。
※東北、北陸、中部高冷地帯などには、越冬性に優れた晩生の「ヘアリーベッチ」を推奨します。

■開花期

4月下旬〜6月中旬に紫色に開花。
※新たな需要として養蜂密源に利用増加中。

■栽培方法

・適地→排水良好で湿害のおそれのない圃場。水田裏作も栽培可能です。
・日陰でも生育が良好で、pH4.9〜8.2 で生育するが、湿害に弱いため排水良好な圃場を選定します。
・播種前に浅く耕耘し、播種後は覆土鎮圧します。
・発芽までと初期成育の期間は土が乾かないように管理し、必要に応じて潅水してください。
・8月以降は部分的に夏雑草が発生しますが、気にかけるようでしたらロータリー耕をします。

■施肥量

・施肥は原則として不要です。
・痩せ地では成分量でチッソ2kg・リン酸5kg・カリ5kg/10a

■すきこみ期

開花終了後の7月上旬以降は、自然に枯れ敷きワラ状になります。
このため、すき込みは不要です。

立ち枯れ期:6月〜7月頃
北海道はすきこみ:11〜12月

※後作に秋野菜等を作付け予定の場合、開花終了前までにすき込みをしてください。

■製品仕様

商品名:ヘアリーベッチまめっこ
用途:緑肥、景観形成
種類:マメ科
草丈:50〜70cm
発芽率:80%
粒数:20粒/g
純度:99%
生産国:オーストラリア
薬剤処理:無処理
製造:カネコ種苗株式会社
JAN:4971852865108

■ご注意

・種子を食用やそのまま飼料にしないでください
・小児の手の届かないところに保存してください
・種子の性質上、低温、低湿の場所に保存してください

■内容量

1kg袋入り

ご注意

お届けについて 入荷時期のタイミングによっては数ヶ月お待ちいただくことがあります。
製造元 信頼のカネコ種苗製です。
状態 種子は生ものです。鮮度管理されている新しいものをお届けします。
新タネ入荷時期 通年販売(随時入荷)
販売時期と播種時期 在庫がある限り出荷いたしますが、播き時はお客様のご判断でお願いします。

詳細写真

  • 典型的なマメ科の花型。紫色できれいな花です。匍匐するので草丈は50cmほど。草勢は旺盛です。(2014.05.02撮影:つくば市)
  • ヘアリーベッチまめっこの栽培状況。アレロパシー効果で他の雑草はほとんど生えません。マメ科なので窒素固定をし、緑肥になります。(2014.05.02撮影:つくば市)
【景観用種子】ヘアリーベッチまめっこ【1kg】マメ科|窒素固定|敷藁|刈り取り不要|カネコ種苗製 [TKK-RHHB001k]

販売価格: 1,200円(税別)

(税込価格: 1,320円)

重み(送料換算重量): 1kg

数量: