バラ専用《低分子・低粘度「2%」キトサン溶液》【即効性】【1L容器】 [TKE-RC001]

バラ専用《低分子・低粘度「2%」キトサン溶液》【即効性】【1L容器】 [TKE-RC001]

販売価格: 2,551円~11,829円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

重み(送料換算重量): 1kg

容量 選択
1Lx1本
1Lx2本
1Lx3本
1Lx4本
1Lx5本
容量:

販売価格: 2,551円~11,829円(税込)

数量: セット

特徴

  • キトサンを溶かす溶媒にリンゴ酢を使用したキトサン溶液です。
  • バラ科の植物を元気にする各種の有機酸配合。
  • キトサン2%濃度とたっぷりのキトサン成分
  • 低分子、低粘度のため葉面散布や土壌潅注で即効性を発揮。
  • 100%天然素材で安心。

キトサンの効果

  • 葉面散布では、葉面の微生物相を改善し、病害が出にくくなります。
  • 土壌潅水では病原菌を抑える放線菌が土壌中に増加し病害が出にくくなります。
  • 細胞がしっかりするため花卉栽培では花持ちが良くなります。
  • 土壌改良効果により毛細根の発生を促し、根張りが良くなります。
  • キトサンは農薬でも肥料でもなく、人畜無害のバイオマスです。

リンゴ酢の効果

  • 日照不足で代謝不良になったとき
  • 日照不足で有機酸が不足したとき
  • 窒素過多で虫が付きやすくなったとき
  • リンゴ酢はこのような環境を改善します。

リンゴ酢には天然由来の酢酸、有機酸が豊富に含まれ、この酢酸や有機酸が、植物体内の窒素代謝を高め消化する働きをします。

天候不順になると光合成ができなくなり植物体内に窒素が溜まりますがそんなときリンゴ酢をかけると植物体内の窒素が消化され、糖度が増し、病気に対する抵抗力がつくわけです。

リンゴ酢にはアミノ酸や糖分、ビタミンなども含み、果実によく味が乗るため果実農家さんによく使われています。特にリンゴ園では、出荷できないリンゴをつぶして果実酒をつくり、酢酸発酵させてリンゴ酢を作り、それをリンゴ園に撒いて防虫・防除に使っています。

そんなスーパーなリンゴ酢とキトサンのコラボ。バラだけでなく、さくらんぼやリンゴなどバラ科の植物・作物にお使いください。

使用方法

葉面散布…300-500倍希釈液
土壌潅注…100-150倍希釈液

  • 新芽が出るころに300-500倍液を葉面散布
  • 萌芽1ヶ月前に土壌に100〜150倍希釈で潅水
  • 2月-5月鑑賞期まで毎月1回位使用
  • 病害が出やすい5〜8月は1週間に1回の周期で葉面散布
  • 散布時刻は朝または夕方。
  • 効果を確かめながら散布回数をコントロールください。

仕様

原材料:リンゴ酢、キトサン粉末
成分:キトサン、酢酸、リンゴ酸、コハク酸、クエン酸などの有機酸、アミノ酸、ミネラル
pH:2.7-2.9(10℃)
有効期限:開封後6ヶ月
保存方法:直射日光を避け常温保存(できれば冷蔵庫保存)

※経時的に色が濃くなったり、オリが発生することがありますが品質には問題ありません。

ご注意

  • 本品は強酸性です。必ず希釈してお使いください。
  • 酸性に弱い植物には気をつけて使用してください。小範囲で試用することをお勧めします。
  • 花にはキトサン溶液をかけないよう十分気をつけてください。
  • 目に入らないようご注意ください。入った場合は速やかに水で洗ってください。
  • 原料はすべて食品グレードのものを使用しておりますが、認可の関係で飲用、食用、人体用にお使いいただけません。

内容量

1リットルボトル入り

詳細写真

  • バラの黒星病予防にはキトサンが効果的です。キトサンは農薬ではありませんが、放線菌という微生物を活気付けることで、その微生物によるうどん粉病、灰色カビ病、黒点病など病害抑制効果を狙えます。(写真はコティヨン。2006.05.21撮影)
  • 低分子・低粘度のキトサン溶液です。低分子=分子の大きさが小さいため、細胞に取り込まれやすくなっています。そのため即効性があります。
  • pHは2.7-2.9ほどです。強酸性なので、希釈濃度をお守りください。
バラ専用《低分子・低粘度「2%」キトサン溶液》【即効性】【1L容器】 [TKE-RC001]

販売価格: 2,551円~11,829円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

重み(送料換算重量): 1kg

容量 選択
1Lx1本
1Lx2本
1Lx3本
1Lx4本
1Lx5本
容量:

販売価格: 2,551円~11,829円(税込)

数量: セット

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー