硝酸カルシウム4水塩(硝酸石灰)【20kg】硝酸性窒素11.7%(CaOの含有量は23.6%) [TSN-NIT4020]

硝酸カルシウム4水塩(硝酸石灰)【20kg】硝酸性窒素11.7%(CaOの含有量は23.6%) [TSN-NIT4020]

販売価格: 2,786円(税込)

重み(送料換算重量): 20kg

数量:
■硝酸カルシウムとは?

・「速効性・硝酸カルシウム」は硝酸態チッソと水溶性カルシウムが作物に同時に吸収される速効性肥料です。農家では7〜8月の収穫追い込みに必須の肥料となっています。
・硝酸石灰4水塩は水に溶けやすくなっていますが、潮解性が強く、保存には向きません。
・使い残しを保存する場合は同じ硝酸石灰2水塩をお選びください。
・硝酸石灰は化学的には中性、生理学的にはアルカリ性で土壌を荒らさず酸度矯正に役立ちます。

◆含まれる窒素について

通常、土中に存在するチッソはアンモニア態チッソ、亜硝酸態チッソ、硝酸態チッソの3種類です。有機物が分解されるとまずアンモニア態チッソが生成されます。それを土中の硝酸菌が亜硝酸態チッソに換え、最終的に硝酸態チッソにまで変換します。植物はこの硝酸態チッソを根から吸収して利用します。

肥料にはアンモニア態チッソを多く含むものがありますが、これでは硝酸態チッソに変換されるまで時間がかかってしまいます。硝酸態チッソが多く含まれる肥料を使えば、速効性が期待できます。硝酸カルシウムは、この硝酸態チッソを10%以上含んでおり、追肥・葉面散布として使うことでトマトやナスなどの成り疲れ防止に効果があります。

◆含まれるカルシウムについて

硝酸カルシウムは、その成分である石灰が水溶性であることに特徴があります。通常石灰というと、そのままでは不溶性であり、土中の酸(硝酸、硫酸など)に反応する必要があります。

しかし硝酸カルシウムは水溶性のため、土中に水分があればすぐにカルシウム分が溶け出し植物に吸収されます。

カルシウムは酸度矯正に使うものと誤解されやすいですが、一番の目的は細胞を作る骨格の材料であるということです。カルシウムは細胞を丈夫にし、茎や葉を強固にするため、病虫害に対しての抵抗力が高まります。

■使用効果

・硝酸態チッソを効率よく吸収させます。
・カルシウム欠乏による要素障害を防ぎ、作物の品質向上に貢献します。

【カルシウム欠乏による主な障害]

トマト・ナス・ピーマン…尻腐れ
キャベツ・白菜・レタス・ホウレンソウ…ふち腐れ・心腐れ
玉ねぎ・セルリー…心腐れ
イチゴ…チップバーン
根菜類…新葉の生理阻害
りんご…ビタービット
ナシ…裂果、石ナシ化
サクランボ…果肉の軟弱化

■使用方法

【家庭菜園】

坪(3.3平方メートル)あたり100〜200gを均一に散布
10坪(33平方メートル)あたり1〜2kg
100坪10kg〜20kg

【10aあたり】

水稲・麦…追肥・穂肥(10-20kg) 登熟歩合の向上
葉菜類…追肥として40-60kg 生育・結球促進
果菜類…追肥として40-60kg 果実の肥大・品質向上
根菜類…追肥として40-60kg 根部の肥大・品質向上
果樹…追肥・お礼肥として30-60kg 果実の肥大品質向上、翌年の花芽の充実
花卉…追肥または液肥として適宜 生育促進、高品質品の均一化。特に花首を強め鮮度を保つ

水に溶かして使う場合は
土壌潅注・液肥…200倍
葉面散布…1000倍を目安として希釈してください。

■成分

登録:輸第11825号
肥料の種類:硝酸石灰
肥料の名称:水耕専用 硝酸石灰
化学式:Ca(NO3)2・4H2O
状態:結晶
成分量:硝酸性窒素11.7%(CaOの含有量は23.6%)
pH:4.0〜6.0 (50g/L, 25℃)

■使用上の注意

強アルカリ資材と混用しないでください。アンモニアガスが発生して障害を起こす場合があります。

■保管上の注意

強い吸湿性がありますので開封後はなるべく使い切ってください。やむなく使い残しがある場合は口をしっかり閉じて乾燥した場所に保管してください。

■内容量

20kg袋入り

詳細写真

  • ザラメ状の4水塩。水によく溶けるので水耕栽培、養液栽培に向きます。
  • トマトのなり疲れに、追い込みに必須の肥料です。
硝酸カルシウム4水塩(硝酸石灰)【20kg】硝酸性窒素11.7%(CaOの含有量は23.6%) [TSN-NIT4020]

販売価格: 2,786円(税込)

重み(送料換算重量): 20kg

数量: