養液栽培用|OATハウスS1号(9-7-32)【15kg】 [TKK-OH01S015]

養液栽培用|OATハウスS1号(9-7-32)【15kg】 [TKK-OH01S015]

販売価格: 8,236円(税込)

重み(送料換算重量): 15kg

数量:
・「OATハウス肥料」は、長年の養液栽培技術を生かし、高度に精製された原料を組み合わせた肥料です。
・水耕栽培やロックウール栽培の生育に必要な養分を含む培養液として、全国に普及しています。
・また、養分吸収バランスがすぐれ、鉄欠乏症防止のためキレート鉄を配合することにより、各種の養液栽培や、そ菜の養液育苗用肥料としても安心して使用できます。

■特長

・OATハウスS1号は水耕栽培用の肥料です。
・高温期の生理障害回避や加里成分を多く必要とする時期に有効な養分比率です。
・高純度原料を使用し品質の高い水溶液が作れます。
・SA処方は従来のA処方より窒素・りん酸を減らし、加里を高くした培養液です。
・SA処方はアンモニア性窒素が少ないので、尻腐れ対策及びチップバーン対策に有効です。
・SA処方は葉菜類のは葉先枯れ対策、果菜類の果実肥大に効果があります。

■培養液の作り方

OATハウスS1号はOATハウス2号と組み合わせて使用します。

◎水1000L(1トン)当り、OATハウスS1号1.5kg・OATハウス2号0.8〜1.0kgを順に溶かすと標準培養液ができます。

◎原液を調製する場合はS1号・2号を各々別の容器に溶かしてください。

〈100倍濃厚原液の作り方〉

1号原液:OATハウスS1号15kgを水に溶かして100Lとします。
2号原液:OATハウス2号8〜10kgを水に溶かして100Lとします。

OATハウス2号
https://www.tama5ya.jp/product/981

■使用方法

適用作物…果菜類、葉菜類、花卉、その他
施用時期…生育初期〜収穫期
施用濃度…標準濃度の0.5〜2倍程度
施用回数…適宜施用(培養液のECを測定して追肥する)

※詳細は養液栽培の説明書に従って施用してください。

■成分(%)

窒素全量(TN):9.0[硝酸態(NN)8.6]
リン酸(P2O2):7.0
加里(K2O):32.0
マグネシウム(MgO):4.0
マンガン(MnO):0.05
ホウ素(B2O3):0.07
鉄(Fe):0.15
銅(Cu):0.002
亜鉛(Zn):0.006
モリブデン(Mo):0.002

■規格

登録:生第92891号
製造:OATアグリオ株式会社

■内容量

15kg
※従来の10kg入りから15kg入りに変更になりました。(2019.8月)
養液栽培用|OATハウスS1号(9-7-32)【15kg】 [TKK-OH01S015]

販売価格: 8,236円(税込)

重み(送料換算重量): 15kg

数量: