永田農法の液肥1号(葉もの用N15-P6-K6)2リットル【永田農法資材】 [TFE-SE102]

永田農法の液肥1号(葉もの用N15-P6-K6)2リットル【永田農法資材】 [TFE-SE102]

販売価格: 2,025円(税込)

重み(送料換算重量): 2kg

数量: セット

永田農法に使用される液体肥料。葉もの野菜の品質を高めます。
レインボー薬品の正規品をご希望の方はこちらです。↓
「永田照喜治がすすめる」住友液肥1号(葉もの用N15-P6-K6)800ml 

特長

生育に合わせタイミングよく栄養補給ができます。

無機成分がすばやく植物に吸収されます。水に薄めて使う肥料なので濃度の調節も可能。つまり必要なときに必要なだけ植物に栄養を与えることができ、葉もの野菜の品質を高めます。

永田農法に欠かせない肥料です。

植物の生長に必要な三要素であるチッソ・リン酸・カリのみがバランスよく配合されており、余分なものは一切入っていません。味がよく栄養価の高い永田農法の「極上野菜」栽培に使用されている肥料です。

葉もの野菜栽培に最適

三要素のうち、窒素成分の含有比率が高い肥料です。ホウレンソウ、コマツナ、キャベツなど葉もの野菜の栽培に最適です。また果菜類の育苗期間中に効果的です。

土壌に優しい。

成分はすべて水溶性なので土壌を傷めにくく、連続使用をしても塩類集積しにくい性質を持っています。

対象植物

野菜全般。とくにホウレンソウ、キャベツ、リーフレタスなどの葉もの野菜栽培に最適。

使用方法

液肥の薄め方

夏場・・・500倍希釈 水1L当たり原液2mlを溶かします。
冬場・・・300倍希釈 水1L当たり原液3mlを溶かします。

与える量

プランター、鉢栽培の場合・・・鉢底から流れ出るくらいたっぷり与えます。
露地栽培の場合・・・土にしっかり浸透するように栽培地全体に満遍なくたっぷり与えます。

与えるタイミング

土が乾いたときに与えるのが効果的です。

与える頻度、間隔

目安は週に1回です。ただし、土の性質や元肥の量、野菜の種類、生育状況によって必要量は異なります。
野菜の育ち具合に応じて与える頻度を調整しましょう。

肥料としての含有成分 

窒素全量15.0%
りん酸全量6.0%
加里全量6.0%
容量:2L(1Lボトル2本組)

ご注意

  • 飲み物ではありません。誤飲しないように注意してください。
  • 使用後はしっかりフタをしめ、直射日光を避け、子供の手の届かないところに保管してください。
  • 結晶や沈殿物が出ても効果に影響はありません。よく振ってからお使いください。
  • 農薬と混ぜて使用しないでください。

内容量

2リットル

 

永田農法の液肥1号(葉もの用N15-P6-K6)2リットル【永田農法資材】 [TFE-SE102]

販売価格: 2,025円(税込)

重み(送料換算重量): 2kg

数量: セット

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー